商品案内

取扱い商品

取扱い商品

めぶき証券で取り扱っている商品をご案内いたします。

国内株式

めぶき証券では、以下の金融商品取引所に上場されている株式(ETF・REIT・優先出資証券を含む)を取扱っております。

  • 東京証券取引所上場株式等(第一部、第二部、マザーズ、JASDAQ)

※当社は、株式等の注文を取次証券会社に取り次ぎます。

※上記以外の国内市場、東証外国部、外国株式、ミニ株式、株式累投、信用取引、ワラント、オプションその他先物取引等は現在お取扱しておりません。

※マザーズ、JASDAQ上場株式のお取引につきましては、「新興市場説明書」をよくお読みいただき、「新興市場銘柄のお取引に関する確認書」をご提出いただきます。上記書類は、当社お取引店またはカスタマーセンターへご用命ください。

株価検索(証券コードまたは会社名を入力してください)

国内株式

国内株式の手数料及びリスクについて

国内株式の売買(単元未満株式を除きます)の際には、約定代金に対して最大1.404%(税込み)(ただし最低手数料2,700円)の売買手数料をご負担いただきます。

国内株式は、株価の下落や、倒産等、発行会社の財務状態の悪化により損失が生じる恐れがあります。

お取引の際には、必ず上場有価証券等書面をよくお読みください。

国内ETF(上場投資信託)

  • ETFとは、「Exchange Traded Fund」の略称で、上場投資信託と呼ばれています。
  • ETFは、国内の金融商品取引所に上場している投資信託で、取引所の立会時間中であればいつでも売買が可能です。
  • ETFは、日経平均株価(日経225)やTOPIX等、特定の株価指数に連動することを目標に運用されているため、比較的小額で分散投資の効果を得ることができます。

国内ETF(上場投資信託)

国内ETFの手数料及びリスクについて

国内ETFの売買の際には、約定代金に対して最大1.404%(税込み)(ただし最低手数料2,700円)の売買手数料をご負担いただきます。

国内ETFは、連動する株価指数や債券指数等の指標の変動、組入れ有価証券等の発行者の経営・財務状態等の悪化及びそれらに関する外部評価の変化により、基準価額が変動し損失が生じる恐れがあります。

お取引の際には、必ず上場有価証券等書面をよくお読みください。

REIT (不動産投資信託)

  • REITとは、「Real Estate Investment Trust」の略称で、不動産投資信託ともいいます。
  • REITは、国内の金融商品取引所に上場している投資信託で、取引所の立会時間中であればいつでも売買が可能です。
  • REITは、不動産に投資する投資信託で、多くの投資家から集めた資金で不動産に投資し、賃料収入や売却益を投資家に分配する仕組みの商品です。

REIT (不動産投資信託)

REITの手数料及びリスクについて

REITの売買の際には、約定代金に対して最大1.404%(税込み)(ただし最低手数料2,700円)の売買手数料をご負担いただきます。

REITは、不動産市況や金利変動、その他さまざまな経済情勢の影響を受けて価格が変動し、損失が生じることがあります。また、自然災害等の予測不可能な事態による価格変動や発行者の経営・財務状態等の悪化及びそれらに関する外部評価の変化により、価格が変動し損失が生じる恐れがあります。

お取引の際には、必ず上場有価証券等書面をよくお読みください。

外貨MMF

外貨MMFのMMFとは、「Money Market Fund」の略称で、海外の投資信託会社によって設定された外貨建ての公社債を中心に運用する投資信託です。

外貨MMFは、格付けの高い外貨建ての債券やコマーシャルペーパーなどで運用され、安定性を重視した商品です。また、いつでもお買付、ご換金ができ、しかも手数料がかかりません。

外貨MMF

めぶき証券では、以下の外貨MMFを取扱っております。

ファンド名

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド(日興外貨MMF)

USドル・ポートフォリオ「米ドルMMF」

オーストラリア・ドル・ポートフォリオ「豪ドルMMF」

委託管理会社 SMBC日興インベストメント・ファンド・マネジメント・カンパニー・エス・エイ
購入(申込み)単位

【外貨の場合】

米ドルMMF 10米ドル以上1米セント単位

豪ドルMMF 10豪ドル以上1豪セント単位

【円貨の場合】

5千円以上1円単位

手数料など諸費用について

申込時に直接ご負担いただく費用: 申込手数料はありません。

  • 換金時に直接ご負担いただく費用: 換金(買戻し)手数料はありません。
  • 管理報酬およびその他の費用: 投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

適用為替

外貨建て外国投資信託の売買、償還等にあたり円貨と外貨を交換する際には、当社の定める基準為替レートにスプレッドをプラスあるいはマイナスした適用為替によるものとします。

基準為替レートは、約定日午後2時に市場実勢をもとに当社が決定します。

 

リスクについて

ファンドは、主に外貨建の公社債や短期金融商品など値動きのある証券に投資します。組入債券などは、金利の変動や債券発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等で値動きするため、ファンドの純資産価格も変動します。また、ファンドの受益証券は、純資産価格が外貨建で算出されるため、円貨でお受取りの際には為替相場の影響も受けます。したがって投資元本を割り込むことがあります。ファンドは元金が保証されている商品ではありません。これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属します。

ファンドの純資産価額の変動要因としては、主に「金利変動リスク」、「信用リスク」、「為替リスク」、「証券貸付、買戻権付売買取引ならびに買戻し条件付契約(現先契約)および逆買戻し条件付契約(逆現先契約)の取引に関連する特定のリスク」などがあります。

お取引に際しては、「投資信託説明書(交付目論見書)」及び「目論見書補完書面」をよくお読みください。

投資信託

投資信託の仕組み

投資信託とは、多くのお客さまからお預かりした資金をひとつの大きな資金とし、これを投資の専門家が株式や債券等の有価証券へ分散投資し、得られた収益をお客さまそれぞれの出資割合に応じて分配される仕組みの金融商品です。

投資信託取扱商品一覧/投資信託基準価格

投資信託情報一覧

投資信託

投資信託の手数料及びリスクについて

投資信託のお申込みにあたっては、ご購入から換金・解約までの間に以下の費用を直接または間接的にご負担いただきます。

  • お申込み手数料/お申込金額に対して最大3.780%(税込み)
  • 信託報酬/純資産総額に対して最大年率2.6824%(程度)(税込み)
  • 信託財産留保額/換金時の基準価額に対して最大0.3% 等

投資信託は、主に国内外の株式や公社債等の値動きのある有価証券を投資対象としますので、組入れ有価証券等の価格下落や為替の変動等により基準価額が変動します。また、組入れ有価証券の発行体の倒産等、財務状態の悪化により損失を生じる恐れがあります。

投資信託の商品毎に手数料やリスク等は異なりますので、お取引に際しては、「投資信託説明書(目論見書)」及び「目論見書補完書面」をよくお読みください。

国内債券

めぶき証券では、社債(事業債)、地方債等の国内債券を取扱っております。

※取扱銘柄、条件等につきましては、当社営業店までお問い合わせください。

国内債券

国内債券の手数料及びリスクについて

個人向け国債以外の国内債券を募集・売出し等により、または当社との相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます(購入対価に別途、経過利息をお支払いただく場合があります)。

国内債券は、市場の金利水準の変動等により債券価格が変動しますので損失を生じるおそれがあります。また、倒産等、発行体の財務状態の悪化により損失を生じる恐れがあります。

お取引の際には、必ず契約締結前交付書面をよくお読みください。

外国債券

めぶき証券では、外国政府や国内外の事業法人が発行する、米ドル建て、豪ドル建て等の外国債券を取扱っております。

※取扱銘柄、条件等につきましては、当社営業店までお問い合わせください。

外国債券についてもっと知る

外国債券

外国債券の手数料及びリスクについて

外国債券を購入する場合は、購入対価のみお支払いただきます(購入対価に別途、経過利息をお支払いただく場合があります)。

外国債券は、市場の金利変動等により債券価格が変動しますので損失を生じるおそれがあります。また、倒産等、発行体の財務状態の悪化により損失を生じる恐れがあります。

為替相場が当初お買付の為替水準より円高に推移した場合、投資元本を割り込むことがあります。

外国債券の売買、償還等にあたり、円貨と外貨を交換する際は、外国為替市場の動向に応じて当社が決定した為替レートによるものとします。

お取引の際には、必ず契約締結前交付書面をよくお読み下さい。

仕組債について

仕組債とは、信用力の高い発行体が発行する債券にデリバティブ(金融派生商品)をセットした金融商品です。仕組債は、多種多様な株式や為替等を使って組成を行うことで、お客さまの運用ニーズに応じた債券をオーダーメイドで設定し、お客さまのニーズに応じたスタイルで投資収益を追求することも可能です。

そもそも仕組債とは何でしょうか。仕組債の概要と特徴、留意点などをわかりやすく解説します。

※仕組債の商品内容、条件、手数料及びリスク等につきましては、専門の担当者がご説明いたしますので、当社営業店までお問い合わせください。

仕組債についてもっと知る

仕組債

仕組債の手数料及びリスクについて

仕組債の各商品は、金利(為替・株価)等の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、償還時元本が毀損するリスク、価格変動リスク、信用リスク、流動性リスク、利率変動リスク、期限前償還リスク等のリスクがあります。

手数料及びリスクについては、商品毎に異なりますので、契約締結前交付書面等をよくお読みください。

IPO(新規公開株式)、PO(公募、売出し)

めぶき証券では、IPO(新規公開株)、PO(公募、売出し)を取扱っております。

IPOとは、「Initial Public Offering」の略で新規公開株と呼ばれています。

新規公開とは、オーナーなど少数の特定株主のみが保有している、未上場の株式を上場し、株式市場で自由に売買が行われるようにすることをいいます。

新規公開には、新たに株式を発行して市場から新規に資金を調達する「公募」と、既存株主が保有している株式を市場に放出する「売出し」があります。

POとは、既上場企業が「公募」、「売出し」を行うことをいいます。POは「Public Offering」の略です。

取扱銘柄、条件などにつきましては、当社営業店までお問い合わせ下さい。

【取扱中の銘柄】

銘柄名 ブック・ビルディング期間 申込期間
現在お取り扱いの銘柄はございません。

IPO・PO

IPO(新規公開株式)、PO(公募、売出し)の手数料およびリスクについて

募集または売出しの取扱いによって株式を購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます。

新規公開株式は、事業会社が発行する株式で、これまで金融商品取引所に上場されていなかったものであり、上場後は、既上場の株式と同様、株式相場の変動や当該事業会社等の信用状況に対応して価格が変動すること等により、損失が生じるおそれがあります。詳しくは、目論見書および契約締結前交付書面等をよくお読み下さい。